8.14ウェブセミナー和訳全文

YouTubeで公開されたFutureNet WEBINAR 14.08.2017 ENの内容を和訳しました。

ここに全文を掲載します。※動画は英語です。

 

FutureNet WEBINAR 14.08.2017 EN

0:07
皆さん、こんばんは。視聴者の中にはこんにちはの方もいらっしゃいますね。
ニュースウェビナーにようこそ。
0:16
今日はポーランドから、フューチャーネット代表取締役のステファン・モーガンストンさんを
お迎えしております。
0:24
ポールさん、こんばんは!ウェビナーの皆さん、こんばんは!お会いできて嬉しいです。
私は元気です。そちらはいかがですか?
0:35
私も元気です。今日はグローバルウェビナールームではなく、ニュース部屋におりました。
国際ニュースもやってますし、全て一人で担当しています(笑)
0:42
いろんな情報を持ちすぎている立場にあるのですから、身の回りには気をつけてくださいね。
0:47
先週もオリエントさんとご一緒に、多くの情報をご提供下さいましたね。
1:02
視聴者からのレスを多くいただきました。先週まずお伺いしたのが、どこの国出身かということ。
1:06
そして今日もう一つ皆さんにお伺いしたいのが、今日のこのチャットに何名の方を招待し、
実際に何人が今ここに来ていらっしゃるのかを教えてください。
1:15
皆さんのチームから、皆さんの個人的なパートナーから何名が参加したか、です。
1:19
これはとても重要。というのも、素晴らしいものを作っても、
うまくプロモできなければ意味がありません。
1:29
我々が、ウェビナーをプロモし、新たなメンバーを招待できるような、
特別なトレーニングをご用意します。
1:37
方法さえ知っていれば、とても簡単です。我々が皆さんにその方法をお教えします。
1:47
皆さんがそれぞれ3名ずつ新メンバーを紹介し、またそのメンバーが3名ずつ紹介してくれれば、
皆さんのビジネスがどんなスピード感を持って成長できるか想像してみて下さい。
このシステムをお使いいただく必要があります。
2:00
多くの方が、録画版のウェビナニュースをご覧くださっています。
世界のあちこちから見てくださっています。
2:06
今の時間働いている人もいらっしゃれば、寝ている方もいらっしゃるでしょう。
ウェビナーを忘れている方も?
2:13
ですが、なるべく皆さんライブ放送のウェビナーにお越しください。
そして、視聴者がお一人必ず3名は新メンバーを招待してくださるようお願いします。
1,500名ですよ(笑)
2:28
ポールさん、何かありますか?
2:31
ええ、ステファンさん、いい考えをありがとうございます。この業界には、すでに50年の
歴史があります。業界で成功している人たちは皆、同じイベントを開催してきました。
2:45
人がイベントの話をする時には、クラコウやナカウなどの大都市でのイベントを想像します。
2:55
でも、毎日取り組むべきなのは、小規模のイベントです。1対1、チームミーティング、
ウェブナーや今夜のようなニュースアップデート、プレゼンなど。
3:08
こういった小規模イベントは、実際にビジネスを成功させるための、非常に重要な秘訣です。
3:13
アカデミーを開講する時には、ネットワーク構築のメカニズムについても取り組みます。
3:22
ステファンが言うように、オーナーの時間をもらっているのに、100名、200名しか
視聴者がいない事態には、何か問題があるとしか思えません。
3:37
スケジュール帳にメモしない人がいる?電話をしてしない人がいる?視聴者グループが重要です。
必ずご自分が招待した人たちがオンラインになるよう徹底してください。
3:45
時間の10分前には招待した人たちそれぞれに電話で確認し、時間通りには
オンラインになって準備ができているようにしてください。
ニュースの内容に関わらず、イベント作りに協力してください。
4:03
おもしろいのは、私は27年間この業界で働いていて、様々な場所に出張しておりますが、
おもしろいのは、どこに行っても人はイベントに行くのが面倒くさいと感じること。
4:19
ウェビナーはどうだった?とか、イベントはどうだったとこういう人は聞いてくることでしょう。
あなたは同じことを話すために、2倍も3倍もの時間が取られることになります。
4:33
これではウェビナーは成り立ちません。それぞれがビジネスを持っているのですから。
4:44
失礼な言い方ですが、こういった方はくそくらえ、ウェビナーの対象外にすべきです。
4:50
コミッションを得る資格もありません。各自か課された仕事をすべきです。
5:02
もちろん、モチベーションを上げるのは私たちの仕事。そして私たちが必要としてるのは、
今見てくださっているあなたのような真面目な方です。
ウェビナーをご覧いただき、イベントにお越し下さる方。
5:34
今日も、素晴らしい情報をお届けしていきます。
5:50
一つ目は、バルセロナ!・・・目が覚めましたか?バルセロナのメインスポンサー、
ではありません。今の所。
6:07
フューチャーネットは、こちらヴロツラフで行われる、「2017年フットサルマスターズ」を
応援します。
6:19
インドアで行われるサッカーで、バルセロナを含め、世界中のクラブチームが集結します。
6:31
開催期間は、2017年8月の終わりから、1週間。
6:38
私たちは、「フューチャーネット・マリボル」のメインスポンサーでもあります。
6:48
スロベニアのフットサルクラブチームです。私、ポール、フューチャーネットから多くの
人間が10月に渡航して、「チャンピオンリーグ」を観戦します。
7:06
フューチャーネット・マリボルは常勝チーム。
7:13
ベルリンのチアリーディングチームとパートナーシップを結ぶ予定でもあります。
アメリカンフットボールのチアリーディングとして大変有名なチームです。私たちが
メインスポンサーとなります。
7:28
ポール、先週のトーベン・オッテンさんとのミーティング、ドイツ担当の
国際マーケティングディレクターです。
アカデミーとの関わりも含め、簡単に説明してくれますか?
7:42
スクリーンでご覧いただける通り、先週トーベンさんとお会いしてきました。
7:52
トーベンさんは、国際マーケティングディレクターでいらっしゃいます。
8:04
ドイツ語圏の国の担当です。業界でのご経験が豊富で、コミュニケーション能力が抜群です。
8:12
アカデミーのネットワーク構築のためにご協力いただけます。
特にドイツ語の言語バリアを解消してくださいます。
8:21
毎日午前中はホテルで会議を行い、ビデオ上映、チュートリアル、会社オーナーとの
ディスカッションを行いました。
8:34
アカデミーの開発が進んだ素晴らしい1週間でした。
8:38
おそらくアカデミーの開講は来月になりそうです。
現在IT分野とコンテンツビデオのライブラリ作成に取り組んでいます。
8:53
ウェビナーもそうですが、全員が発言の機会を持てるわけではありません。プレゼンも同様。
9:04
アカデミーは、フトゥーロビジネスのオフラインの側面を応援します。集まった人たちが
自由にフトーゥロを売ったり買ったり、ネットワークを作ることができたりする場所です。
9:28
ビジネスに関わる全ての分野について、このライブラリが網羅します。そして、この
ライブラリに、メンバーは無料でアクセス可能です。ここまでする会社はありませんよ。
9:43
こうなれば、オンラインにならない理由はありません。
お分かりのように、今夜オンラインになっていない方にはコンタクトできません。
9:56
皆さんの力で、彼らをライブで参加させてください。オンラインイベントに参加くださるよう
辛抱強く、より効果的な方法で説得してください。
10:17
アカデミーのゴールは、ここに参加してくださる方全員が、成功を手にすることです。
10:23
世界中からきてくださる方に、フューチャーネットを通じて成功を手にしてほしい、
これが、私たちの願いです。
10:32
スライドにあるよう、視聴者の皆さんの成功ストーリーを私たちに聞かせてください。
10:40
どんなストーリーも重要です。成功の度合いが、どんなに小さくても、です。
10:50
例えば、皆さんの知っているタクシードライバーが何かの成功を収めた場合、
それは他のタクシードライバーにとってはとても有益な情報となるでしょう。
10:59
看護師、医師、行政書士、学生、教員、職業の種類は関係ありません。
10:06
成功ストーリーを集めたライブラリを作る必要があります。
なぜなら、これこそがアカデミーの広告でもあるからです。
10:13
ストーリーが世界中から、職業に関わらず集められれば、視聴者の皆さんのビジネスが
また一歩成功に近づきます。
11:22
次のプレゼンはトラックドライバーの方かもしれません。
皆さんからの成功ストーリー、短くまとめていただき、お送りください。
11:43
写真があってもいいですし、また最近功を奏したプロモーションでもいいでしょう。
11:50
また、成功した広告パッケージでも、最近メディアから知った成功ストーリーもいいと思います。
11:55
カテゴリー分けは私たちが行います。証言をまとめて、皆さんのビジネスを成功に導きます。

12:02
他の人が自分の話を聞いてくれない、理解してくれないと思いませんか?それはなぜか?
12:09
あなたを人生で同等の位置にあると思っているからです。学校の教員であるあなたから、
最善の広告やクリプト通貨について、学ぼうとはしません。
12:19
もし、その成功ストーリーが全く第三者のものであれば、相手が理解する可能性も高まります。
12:26
フューチャーネットに参加する可能性も高まります。
12:30
画面に出ているメールアドレスにご連絡ください。成功ストーリーを短くまとめて送ってください。
12:40
私たちが目を通し、お送りいただいた方にご連絡を取り、カテゴリー化してライブラリを
作成します。
12:48
皆さんのビジネスでの成功につながります。
12:53
年末に、もしくは年次総会で、皆さんからの成功の証言書をまとめる想定をしています。
ここに、皆さんの成功が特集される可能性もあります。
13:06
世界中からの成功の証言書に、です。これは製本し、商品化を考えていますので、
実際のフューチャーネットのプレゼンにお持ちいただけます。
13:15
フューチャーネットカフェでコーヒーを飲みながら、この証言書を開くと、
皆さんが特集されているのを想像してみてください。
12:25
集められた証言集は、編集され、「成功のプロフィール」として出版も視野に入れています。
世界中からの成功事例集です。
13:35
皆さんや、皆さんのチームからの、成功ストーリーをお待ちしています。
13:43
製本化と同時に、皆さんの成功ストーリーは、弊社ウェブサイトにて随時公開していきます。
13:49
いいですね。もちろん、どんな言語でも大丈夫です。証言は感情的なもので、
ご自分の言葉であることが売り上げにつながります。
14:01
どなたか「私の成功ストーリーなんて小さすぎる」と送ってくださいましたが、
そんなことはありません。
14:10
初めてのFacebook収益10ドルを、どうやって稼いだか。・・・はじめは10ドルにも
満たないでしょう。でも、こういった話が、ビジネスの段階が初期の方々には有益です。
14:19
もちろん、ビジネスリーダーによる大規模な成功ストーリーも募集しています。
1回のビジネスが、10万ドルといった方もいらっしゃるでしょう。
それはビジネスリーダーにとって有益です。
14:35
成功の度合いは本当に関係ありません。あなたの、あなたからのストーリーをお待ちしています。
14:47
先週は、フィードバックが一つもありませんでした。とても残念です。
14:58
私たちは助け合う存在です。Win-Winの関係であるべきです。隣人同士、助け合う必要があります。
15:09
大切なのは、皆さんのビジネススケジュール帳に、毎週ウェビナーの時間と話された内容を
書き込んでおくこと。イギリス時間7時です。
15:28
そうすれば、翌日以降皆さんがチームにそれを共有できますね。
15:33
毎週もしくは隔週でウェビナーに参加し、これを広めていくためには、とても重要なことです。
15:44
三ヶ月経つ頃には、証言を書くためのウェブサイトが思い出せない・・ということも
あるでしょう。スケジュール帳に、このメールアドレスをメモしてください。
15:56
ウェブナーへのログイン情報も必要ですよね。チームの誰かが、ログイン情報を聞いた時に、
スケジュール帳の表紙裏に書いてあれば、すぐにパッと見せることもできます。
16:07
これはビジネスです。ビジネスとして扱いましょう。
16:12
趣味として扱えば、リターンも趣味に十分な規模に止まります。
趣味とはゴルフや切手収集のことです。
16:19
ゴルフからの収入はどの程度ですか?おそらくプレーすることで、ゴルフ場やクラブ、
ウェアと、お金を支払うばかりですよね。
16:27
趣味はお金を支払う場所です。
16:30
ビジネスとして扱えば、皆さんが受け取るリターンもビジネス規模となります。
これが、私が皆さんにお伝えしたいメッセージです。
16:38
成功ストーリーに戻りますが、後にトップ50のストーリーをノミネートし、選ばれた人は、
グリーンルームのバックステージに招待され、そこで動画に出演することもできます。
16:56
ビジネスでの成功ストーリーだからこそ、これは広く周知される必要があります。
17:02
フューチャーネットの人間は全員が成功したビジネスパーソンです。全員が、です。
17:07
こういった人たちといれば、視聴者の皆さんが成功しないはずがありません。
17:17
ここ10年の赤字は?ゼロです。
17:20
皆さんからの成功ストーリーをお待ちしています。
17:24
文字で送る必要はありません。もし音声メッセージや動画ビデオの方がよければ、
それでも構いません。それぞれに合った方法でストーリーをお送りください。
17:31
モティベーションが上がる方法で、皆さんから他のウェビナーたちにもお伝えくださいね。
17:40
次は、会社の成長についてお話しさせてください。
17:47
私たちは今後、ヴロツワフで最も高いビルであるスカイタワーに事務所を構えます。
こちらで皆さんをお迎えします。
18:02
毎日のようにゲストがいらっしゃいます。こちらで様々なことをお話ししています。
18:13
会社は素晴らしいスピードで成長しています。先週も新たに4名を雇用しました。
次の3?4ヶ月には50名を雇用予定です。
18:29
来年1年間では、もちろん色々なことによりますが、50?100名を新規雇用します。
18:36
オフィスは、2つのフロアを占拠します。300平方メートルが2フロアなので、600平方メートル。
18:48
さらに、9月1日付で3つ目のフロアに進出します。そのすぐ後、4つ目のフロアを押さえます。
1,200平方メートルです。
19:00
今日も、誰がどのフロアにといったプランを決定していました。
・・英語でなんていうんだったっけ?
19:12
こんなスペースが必要になってくるのも、大量の新規雇用を行うからです。
後に、クリプト通貨為替プラットフォームの事業についてもお話しします。
19:27
ITチームは、新たにオープンするワルシャワ事務所に入ります。
19:32
また、フューチャーネットはウクライナにも進出します。もちろん現地でも多く雇用します。
19:45
このポスターはどう思われますか?
19:53
そうですね、コーヒーから立ち上る湯気がいいですね。いい写真だと思います。
20:02
今日皆さんにお伝えできるのは、ウクライナの首都キエブに初のフューチャーネットカフェを
オープンすることです。今はニューヨークというカフェですが・・・
20:22
こんな感じ!私はグラフィックデザイナーではないので、先ほどパワーポイントで作ってみました。

20:30
居抜きのカフェ・レストランを、フューチャーネットカフェとしてブランド改装します。
20:40
内装はこんな感じです。立地はキエブでも大変便利なロケーションです。
20:47
キエブは素晴らしい都市ですが、これでもう一つ、訪れる理由ができましたね。
20:52
ほとんど改装の必要がないため、オープンは9月中のどこかです。
ウクライナチーム、おめでとう!皆さん、素晴らしいです。
21:11
さらに、カフェとは別に、初のレストランもオープンします。
場所は、ポーランドの首都ワルシャワ。
21:27
写真でも分かるかとは思いますが、すぐにはオープンできる状態ではありません。
もう少し準備に時間がかかりそうです。
21:37
が、私たちの建築家が日々働いてくれています。3フロアにまたがる、
1,000平方メートルの素晴らしい建物です。
21:48
ワルシャワのレストラン史に残る場所です。また、有名レストランのチーフシェフを
雇用することができました。
22:00
ただ、ナイスなレストランをオープンするのではなく、ワルシャワで一番のレストランに
することを目標としています。
21:12
・・・シェフ、シェフのことですかね?
22:16
おお、チーフでなくて、シェフですか!
22:36
このレストランの近くで、ワルシャワの一等地に、カフェをオープンします。
22:50
こちらは99%入手済み。会社顧問の弁護士が、契約書を確認している段階です。
OKがでれば、契約を締結します。
22:59
2フロア500平方メートルを占拠するフューチャーネットカフェとなります。
23:05
初めて物件を見るためにワルシャワに行った時、夜もその物件の近くに行ったのですが、
そこを歩いている人の数といったら!
23:21
地元の人だけではなく、観光客も一杯でした。カフェから道を挟んで、5つ星ホテルもあります。
23:30
道の反対側では、よく報道されているようにデモが多く行われているので、
テレビ報道に映り込む可能性もあります。フューチャーカフェにはテレビ関係の方が
多くいらっしゃるでしょう。
23:53
まとめると、フューチャーカフェがキエブとワルシャワで一軒ずつ、そして、
レストランがオープンします。
24:12
もしよろしければ、こちらにお越しいただき、マネージャーらと話していただいても大丈夫です。
24:21
皆さんの中には、なぜカフェやレストランの話を聞かされているだろうと不思議に思われる
方もいらっしゃるかもしれませんので、補足を。
24:28
私たちフューチャーネットの事業内容は、オンラインで出会った人たちが
オフラインで実際に会う機会を作ること。
24:35
ビジネスの概要を見せるのに、カフェやレストランほど適した場所はありません。
24:42
そして、私たちはフューチャーネットというブランド構築を世界中で考えています。
BMWなどが乗り付ける、あこがれの場所。最高の立地にある場所。
24:57
これが、皆さん、そして今後チームとなる他の多くの方々が集える場所を今作っているのです。
25:13
オンラインで成功された皆さんの中に、その収益で起業してみたいと考える方がいらしたら、
ご自分やその仲間たちが集える場所を一緒に作っていただきたいです。
25:26
私かもしくはマネージャーにご連絡ください。マネージャーは、大変よく知られた
ブランド会社で幹部だった人間で、今、カフェのために全体的なデザインの統括を行なっています。
25:43
今後はカフェやレストランの拠点を世界中の街に広げられると思っています。
皆さん自身の街にも、です。
25:49
こういった形で実際に目に見えるブランド拠点ができることで、世界における
フューチャーネットの信頼性を高める意味がある点で大変重要です。
25:54
マーケティングし、ブランドを構築し、そしてビジネスができる環境を提供するものです。
26:02
これこそ、私たちの会社がしていることです。強いブランドを作り上げ、
オンライン上の世界をオフラインにも持たらすものです。
26:20
コーヒーでも何でも、フランチャイズ化もありえますし、オンラインショップでの提供も
あるでしょう。これからどんどん色々な展開があります。
26:35
次に、また重要でエキサイティングなお知らせがあります。
26:49
毎日色々な動きがあります。
27:07
スライドにあるよう、2017年11月24日・25日に、マカオでフトゥロコインの
ローンチがあります。先週ご覧いただいたスライドには日程ミスがございました。
27:24
マカオは、香港の近くにある、中国版ラスベガスです。来週ポールと共に香港に行き、
香港地区のリーダーウェビナーにお会いします。
27:44
スタジオシティホテルで、イベントがあります。初めに名前を聞いた時には、
「ホリデイイン」か何かだと思いましたが、実際には、世界でも有数の最高級ホテルです。
28:09
投資額は20億ドル。ウェブサイトでも、YouTubeでも、ぜひ見てみてください。
素晴らしいですよ。
28:25
国際会議に参加して、リーダーたちに会うのがどうして大切なのでしょうか?
28:36
まず、ビジネスで生じるコストを、助け合うことができます。
ビジネスを国際的に成長させることは、とても大切です。
28:49
私たちの多くがオンラインビジネスを行なっていますが、ビジネスリーダーたち、
仲間、友人と顔を合わせることはとても大事です。あなたのチームを引き連れ、人と会うことは、
自信を作り上げるのに有効です。
29:10
私たちのパートナー会社の企画する会議は素晴らしい、カフェでもホテルでも、
素晴らしいロケーションを選びます。
初めてのアジア地区での国際会議は、素晴らしい成果を収められそうです。
29:29
チケット予約をお忘れなく。自分の分だけでなく、チームの分もですよ。
29:37
スケジュール帳を出して、このイベントの日程を書き込んでください。
そして、イベントに向けてビジネスを発展させていってください。
29:45
いいですか、国際会議は、だいたい100日先です。100日間で製品を売れば、
参加にかかる経費を捻出できます。
29:58
チケットを予約、ホテルを予約、フライトを予約してください。
皆さんのチームから、可能な限りの人員を連れてきてください。
30:06
多くの方を連れて来られれば、国際会議を終えた6週間、
あなたのビジネスは天井無しの上昇をとげます。
30:15
あなた一人だけなら、大きな進歩なないでしょう。チーム人員を増やすことによって、
あなたのビジネスの売り上げは加速します。
30:27
二つ目の重要な点は、新しいことを学べるという点です。
どうやって1億ドルを稼ぐか、月に1万ドル、5,000ドル、500ドル稼ぐかを学べます。

30:38
2?3日にわたり、出会った人たちと楽しく、また情報を交換する時間を持つことができます。
会場に来た人だけがもらえる賞品やアワードなどもご用意しています。
30:51
まだ企画をしているところですが、多くのお金をここに投資する予定です。
賞品、アワード、色々とご用意します。
30:58
どんな企画があるか、ステファンさん話しますか?
31:04
そうです、そうです。情報、皆さんと共有したくてたまりません。
31:08
前回の国際会議ではBMWが2台ありましたね。今回はさらに大規模なものをご用意しています。
多くの皆さんにとって魅力的な賞品がたくさんです。
31:22
目に見える商品は色々あるでしょうが、国際会議に参加される一番の理由は、
皆さんのビジネスです。
31:30
もちろん、参加するにはお金がかかるでしょう。フライトもありますし、ホテル代にと。
でも、起業家のように考えてください。
31:41
参加から6週間後、もしそうでなくても8週間、12週間後には、必ずかかったコストは
取り返せます。そして、さらに多額のお金を作り出すことができるでしょう。
31:50
このように言っている人を聞いたことがあります。様々な国際会議はよく聞きますよ、
私には必要ない、と。でも国際会議の前の皆さんのレベルは本当に、関係ありません。
32:04
プレゼンの機会もレベルも、間違いなく国際会議後に増えます。
国際会議後には、心から話すことができるようになるためです。
32:15
インターネット業界は50~60年の歴史がありますが、
成功している方は皆、国際会議に出席してくる人たちです。
32:26
ビジネスで成功したいですか?いい考えがあります。
チケットはどこで買えるのか?最大でも2~3週間以内には、この会議についての
ウェブサイトが完成します。
32:39
チケットは4,000枚ご用意します。皆さん全員分がございますのでご心配なく。
でも、なるべく早く予約してくださいね。
32:48
VIPチケットが800、通常チケットが3,200枚です。
32:56
前回の写真をご覧いただければわかりますが、本当に楽しいイベントです。
クラコウでも楽しい時間となりました。

33:04
マカオでは2日間です。もちろん、3?4日前にマカオ入りしてもいいでしょう。
旅行で行くのにも素晴らしい都市ですので。
33:13
フューチャーネットは、他の似たような会社とは違います。
これまでもずっと存在してきた会社です。
33:27
国際会議に行っている間に消えてしまっているような、会社とは違います。
そんな経験をされた方もいらっしゃるかもしれませんが、
私たちは本当にそういう会社ではありません。
33:44
次にご紹介するフューチャーネットエクスチェンジャーは、素晴らしいビジネスです。
33:55
市場に存在する会社が数十億ドルの利益を出してコインで持っている会社があります。
ブロックチェーンもなければ、コインを交換するスキームがありません。
また、受け取るポイントもありません。
34:03
このような会社は、人にはいいことを言いますが、行動が伴いません。
それを示すことができるだけの歴史が、会社にないのですから。
34:09
どこの会社のことを言っているか、きっとお分かりいただけると思います。
その会社とビジネスをするのは止めてください。
34:18
あなたはお金を儲けるかもしれませんが、その分他の人たちが損をしているはずです。
フェアではありません。多額の投資をしてもお金は消えるだけです。
34:34
フューチャーネットのフトゥーロコインは、初日からポイントシステムがあります。
プラットフォームを交換します。初日からブロックチェーンはもちろん、
売り買いなんでも可能です。
34:52
また、当社独自のクリプト通貨交換のプラットフォームを持ちます。
ということは、フトゥーロを持っている人は、今現金が必要になれば、すぐに換金できます。
35:19
とても現実的な価値を持った、上昇を続ける通貨ですので、
多くの人がフトゥーロを持ち続けることとなるでしょう。
35:38
もちろん、初めは市場でもあまり見かけないかもしれません。
でも、すぐに多くの人が持ち始め、たちまち世界はフトゥーロ通貨が欲しくてたまらなく
なるでしょう。
35:54
ほとんどの方がフトーゥロの買い手となり、売り手は少数派でしょう。
そうなれば、市場経済ですから、需要が大きくなれば値段も上がります。
36:10
それが、私たちフューチャーネット独自のプラットフォームを通じて売買ができるようになります。
36:15
フトゥーロを、米ドル、英国ポンド、ユーロなど、どんな通貨にも換金することができます。
ビットコインに、またポーランドの通貨にも換金することもできます。
36:29
以前のプレゼンでお話ししました通り、素晴らしいウェブサイトもビデオも出来上がっています。
36:41
皆さん宛のパッケージを、クラウドマイニングで受け取ることができます。
意味がよくわからない人もご心配なく。会社の一部であるマイニング上で、
100米ドルからフトゥーロを入手できます。
37:00
その後2年間にわたり、フトゥーロを使い続けることができます。
ビジネスはとてもやりやすくなるでしょう。
37:15
特にオンラインビジネスに関わる方にとっては朗報です。
今日100米ドル、もしくは500米ドルで始められた方には、明日アップグレードをご用意します。
37:28
ご覧の通り、大変成功しております。フィーバーが来るのは時間の問題です。
ゴールドフィーバーにある人々の感情は、とてもダイナミックで、普通ではありません。
37:44
市場計画はどうか、すべての詳細をお知らせするのは難しいですが、
少しなら皆さんにもお知らせできます。
37:54
今日皆さんにできることは何か?ローンチまで、100日、実際細かく見ると102日間あります。
38:05
あらかじめフトゥーロを得るために、今日何ができるか?
チームにフトゥーロを導入するにはどうしたらいいか?
38:19
私たちは、1年半前にも過去の通貨を見てきました。
フトゥーロが、ファクター10、ファクター20、もしかするとファクター50くらいまで
行けるのではないかと思っています。
38:42
ローンチスタートの前に、フトゥーロを得ることができます。
あらかじめローンチ前にその資格を得られます。どうすればいいか?
38:55
ポールさんから、リワードプログラムについて説明してくれませんか?
39:02
フトゥーロのブロックチェーンを始める時には、一度開始したら、
会社も介入することはできません。
39:11
ただ、ローンチ前であれば、皆さんにギフトをご用意することは許されています。
コミットできる方が対象です。
39:22
それは誰かというと、フトゥーロ導入前の通貨で一番上のパッケージを購入いただいている、
ロイヤル・メンバーシップ会員の方々です。
39:33
1,685米ドルの会費会員の方々。会社からは、会員の皆さんに、
フトゥーロコイン50コインをプレゼントします。
39:41
では、フトゥーロコインの価値とはいくらくらいなのでしょう?
もちろん、未来を予測することは出来ません。
39:48
今の段階で言えることは、8~9年前に始まったビットコイン、始まった当初は
全く価値がありませんでした。ゼロです。
でも今日では、1コインが4,000米ドルの価値がありますね。
40:05
クリプト通貨の教育を受けたコミュニティの推測として、5年、10年後に、
一例としてビットコインの25%まで次の5年間で健闘してくれるとしましょう。
40:24
1コインあたり1,000米ドルの価値があるコインを、50枚、
価値にすると50,000米ドルのコインを皆さんにプレゼントします。
40:40
私たちチームで、この利益を皆さんにお届けできるようにがんばりましょう。
契約でも何でもありませんが。需要が上がれば上がるほど、価値は上がっていきます。
40:55
あなたも仲間に入れば、コミュニティとしてこの価値を上げられるよう
一緒に努力していきましょう。利益が500ドルになるか、100ドルになるか、
もしくは5セントで終わるか、そのコントロールができるのは私たちです。
41:05
ロイヤリティとして、50コインが手に入ります。全く無料です。
41:11
さらに、新たな会員をご紹介いただく度に、5コインをプレゼントします。
41:18
8年前の価格で、ビットコインを皆さんに贈呈するとしたら、コインは何枚欲しいですか?
41:26
もう一度言います。ビットコインを、8年前の価格で皆さんに贈呈できるとしたら、
何枚欲しいですか?
41:35
11月25日、同じようなローンチが予定されているのです。
お友達お一人のご紹介で、5コインをプレゼントします。
41:44
例えば、次の100日間の間に、チーム内で100名のご紹介をくだされば、
別枠で100コインをプレゼントします。
42:01
長く持てば持つほど価値が上がる通貨です。すぐに手に入れてください。
一度試して支払いがうまくいかないからといって、どうか諦めないでください。
42:16
マカオでローンチをしたら、もうこのオファーは終わりです。
何度も言うように、ローンチの後は、通貨はみんなのものとなり、誰も介入することができません。
42:27
オープンブロックの仕組みですので、今こそ、価値を上げるための策を取る時間です。
42:33
私は色々な場所でプレゼンをしますが、ぜひ聞きにきていただきたいです。
ネットワークマーケティング業界史に置いて、最もエキサイティングな瞬間だと思っています。
42:45
オンラインマーケティグで何が起こっているのか、皆さんもご理解いただけたら嬉しいです。
チャンスをモノにしてください。
42:53
ロイヤリティ会員になるのをギリギリまで待つのは得策ではありません。
もし購入を考えているのに、この動画を見たチームメンバーが先に会員になってしまった場合、
あなたへのロイヤリティはありません。
43:11
会社からのプログラムは、素早く対応いただく必要があります。
この広告では反応の速度がものを言います。
43:17
ステファン、お分りいただけるといいのですが。
43:21
もちろんよくわかります。ビジネスをしたい時には、その理由を考える必要があります。
43:30
以前も聞いたことがあるかもしれませんが、また同じ質問をさせてください。
なぜここにいるのか?もっとお金を稼ぎたいから?小さく稼ぎたい?中規模に稼ぎたい?
それとも大規模に?
43:41
皆さんはここにいらっしゃるのは、月に100米ドルの収入を得たいからではありませんよね?
月に500米ドル目標の人も少ないでしょう。大きく稼ぎたいと思っている方々ですよね?
43:52
自分の力とシステムを信頼し、行動を起こしてください。
ロイヤリティ会員になって、プレゼントの50コインをお楽しみください。
44:10
人は、皆さんがフトゥーロについてどの立場でビジネスを始めたかと聞きたがるでしょうが、
ロイヤリティ以外に方法はありません。チームには、3,000コイン以上を保有している人もいます。
44:28
この100日間に、100名以上の会員を集めるのは難しいことだとは思えません。
なぜなら、このロジックは誰の目にも一目瞭然だからです。
44:45
今私たちは二つの計画があります。フトゥーロのマーケティングプランと、
フューチャーネットマトリックスマーケティングプランです。
45:12
私たちは両方のインターフェースを持ちます。
フューチャーネットマトリックスのマトリックスは、皆さんも見たことがあるでしょう、
3??3??3のマトリックスです。
45:30
マトリックスは、色んな人のインプットを必要としません。
全体に影響を及ぼす一元的なもの、これが私たちのマトリックスです。
45:45
過去に行った通貨のマーケティングプランには、100名、200名、300名、500名の
コンプライナーがおり、また経験から分かっていることです。
フトゥーロについてはさらに大きな動きとなるでしょう。
46:05
少人数10名、20名、100名がマトリックスに与えるステップは、一つずつ起こっていきます。
46:23
会社のグラフィックデザイナーが、素晴らしいデザインを作ってくれました。
一方にフトゥーロマーケティングプランを、マッチングボーナスなどを含む、
一レベルのみのサービスです。
46:38
そして自動的に、一ステップずつ、6段階の成功を起こします。
以前のトレーニングビデオでご覧いただいた方は分かると思います。
46:52
利益は44,000ドル以上になりそうです。
この6つのマトリックスをもってすれば、どれだけの利益が見込めるでしょうか。
47:00
もちろん数日でできることではありません。スピーディーに稼げる人もいれば、
もう少し時間の必要な方もいらっしゃるでしょう。10年かかる人もいるかもしれません。
47:10
マトリックスに皆さんの可能利益予測を入れると、740万米ドルになります。
47:18
皆さんの中には、とても貧しい国出身の方もいらっしゃると思いますので、
そういった方には想像もできない額だと思います。
47:28
これは数学であり、またビジネスであり、近代の理論に基づいた計算です。
47:34
今日、今すぐに、ロイヤリティに登録しましょう。
もし一人で十分な資産がない方は、チームの人たちを引き入れましょう。
47:42
11月25日には皆さんが欲しがる通貨です。待たず、今すぐに行動しましょう。
47:49
「もうちょっと待ってみる」「これが来たら始める」という人もいるかもしれませんが、
こういった方々は、常に待ち続け、何も始められない人たちです。
47:56
ここに皆さんが持っている可能性は、とんでもないものです。
740万米ドルのポテンシャルです。
48:10
740万米ドルのポテンシャルというのは、実際には嘘です。そこまでの頻繁な売買はありません。
5年前に私はロマンティックにもそんなことが起こるかと夢見ていました。
48:23
実際には、人は、毎月毎月ポケットからお金を出し続けることはありません。
ここまで頻繁な売買は起こらないでしょう。あくまでも、これはシステム上の計算です。
48:37
何はともあれ、今日から皆さんも始めてください。
さて、質問がありました。クレジットカードは受け付けていますか?
48:48
クレジットカードがオンライン上で使えるようになるまであと少しです。
2日前に、私も自分のカードを使って試してみました。うまく決済できました。
48:59
ここに名刺がありますが、ウェスタンユニオンによる支払いと、クレジットカード払いの
両方が可能になります。
49:15
今週木曜にドイツのクレジットカード決済会社とのアポイントがあります。
これと合わせて、3種類の決済方法をご用意します。
どれもフトゥーロのローンチ前には準備可能です。
49:35
Eウォレットシステムも検討していましたが、話すと現存するサイト上では使えず、
一からサイト構築を始めないといけないそうでして。
49:49
こういった手続きは、不可抗力なところがあります。
というのも、多くの会社が口ではできると言うのですが、実際やってみると問題にぶち当たります。
50:03
早く皆さんの使いやすいシステムを作りたいのですが、カスタマーサポートも
存在しないような会社で、お客様がカード情報を入れてお金が戻ってこないと言うような
事態を防ぐために、たとえ数週間余分にかかっても安全を大切にしたいと思っています。
50:17
皆さんに今知っていただきたいのは、今どんな「ダイナマイト」がシステムにあるか
ということです。
50:25
このインターフェースがあることで、スポンサーを得やすくなりました。
誰でもオンライン上で参加できるからです。
50:35
まさに、人々の夢です。参加したい人は、オンライン上で手続きした後は、
特に何もしなくてもフトゥーロのローンチまで眠っていればいいのですから。
50:54
多くの人たちに、急いでこの話をしてください。もちろんプロの知見が必要になるかと思いますが、
この利益をもってすれば必ず価値のあることです。
51:11
私たちフューチャーネットがついていますから、
世界中でフトゥーロはすでに注目を浴びています。
51:20
皆さんもワクワク待てない状態かと思いますが、どうかもう少しご辛抱くださいませ。
51:26
チームで話し合いを始めてください。
始めにいくらのフトゥーロを入手されるかは、皆さん次第です。

51:32
私からは以上です。最後に、ポールさんから何かありますか?
51:39
早い時間に申し上げた通り、今日のまとめは、
「8年前の価格で、今のビットコインを入手できるとしたら、何枚欲しいですか?」につきます。
51:55
今私たちは、フトゥーロで、歴史上の似たような点に立っているのです。
簡単なのは、ロイヤリティ会員となり、フトゥーロのギフトを受け取ってください。
52:01
チームを作って、ギフトを受け取られてもいいでしょう。
そして、マイクラブのパッケージを購入いただく必要のある方もいらっしゃるでしょう。
毎分、利益を受け取れる仕組みです。
52:10
他社の「トローブ?」をご存知の方は、15分毎にお金を生み出すシステムを知っていますね。
こちらでは、広告やクリックなど全く無しで、毎分利益を受け取れます。
52:20
皆さんが眠っている間も、働いている間も、遊んでいる間にだって、です。
52:31
よく分からない、という方もいらっしゃるかと思いますが、今日はこれで失礼します。
今夜はニュースウェビナーであり、トレーニングセッションでは無いので。
52:38
皆さん、アドバイスを多くお届けしましたが、メモは取っていただけましたでしょうか?
皆さんのチームに今日の情報を伝えるのは、皆さんです。次のウェビナーで、また会いましょう。
52:48
皆さんとお会いできて嬉しかったです。ステファンさん、チームの皆さん、
ありがとうございました。また会いましょう!
52:57
次のニュースライブには、香港・マカオのウェビナーが一緒に出演してくれます。
皆さんにすぐにアップデートをお伝えしたいと思っています。
53:12
ルーシーさん、香港でお会いしましょう。
皆さんも、世界中どこにいても、素敵な午前・午後・夜をお過ごしください。
また会いましょう。さようなら。