■11月27日深夜からビットコインが100万円を越えました。

 

私の予測より速いスピードで進んでいます。この原因はどこにあるのでしょうか。

実はこの1ヶ月間のビットコイン価格推移を見ると68万円から120万円まで一気に52万円も上昇しています。

この急上昇の理由は主に2つ考えられます。

1つの大きな原因は、10月31日にシカゴの先物取引で北米最大の金融と商品のデリバティブ(先物)取引所である、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が年内にビットコインの取り扱いを表明したことによります。
それより先に、ライバル会社のシカゴ・オプション取引所(CBOE)が年内または2018年初めのビットコイン先物上場を目指すと発表したことを無視できなかったのですね。
これにより、相当の機関投資家のお金がビットコインに流れて来ている可能性があります。

 

もう一つの原因は今後も続くビットコインの分裂予定です。現在予定されているだけでも2018年1月までに6件あります。

1、Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド)
ビットコインダイアモンド(BCD)はブロック数495866(11月25日頃)に達すると発生するビットコインのフォークで、それに伴ってビットコインダイアモンドが誕生することが公式サイトで発表されました。

2、Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス)
フォーク予定日時:501407ブロック(2018/1月辺り) に達した時

3、Bitcoin Silver(ビットコインシルバー)
フォーク予定日時:12月予定

4、Super Bitcoin(スーパービットコイン)
フォーク予定日時:498888ブロック(12月17日前後)に達した時

5、Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナム)
フォーク予定日時:2017/12月1日予定

6、Bitcoin Uranium(ビットコインウラン)
フォーク予定日時:2017/12月31日予定

現在確認されているだけでもこれだけ有ります。
これらのコインも「その時点でビットコインを保有している場合に同じ量だけ分裂コインを貰える」可能性が高い。ようです。

※「分裂コインをもらえない場合もあります」

たとえば8月1日に分裂した「Bitcoin Cash」には現在$1,650(約18万円)で取引されています。
このBitcoin Cashはビットコイン分裂前当時に保有していたビットコインと同数を無条件でもらえました。

2017年7月当時のビットコイン価格は30万円以下でしたから、当時1Bitcoinを購入した人は現在1Bitcoin+1Bitcoin Cash=138万円になっています。
今後もビットコイン保有者が「同数の分裂コインがもらえる」となれば、今後もビットコイン価格は上がり続けるでしょう。

もしかすると大きな調整もなく一気に150万円あたりまで上昇する可能性もあります。100万を超えると千円単位だった上げ幅が一気に数万円単位に変わります。ビットコインの価格の上昇が今までよりも急激に上がる可能性が十分にあるということです。

■ビットコインの今後

ビットコインの今後ですがBlockstream社(ビットコイン・コアの主要開発者達で立ち上げた会社)のCEOが来年の3月末までにライトニングネットワークのサービスが始まると発表していました。本格的なオフチェーンの時代がはじまります。

ビットコイン自身も進化しています。
ビットコインブロックチェーンネットワークのメモリープールのつまりを解消するためにメモリープール内の処理を早くするための新しい圧縮技術の開発が進められています。同時に承認するノードの最適化も行われ新しいアルゴリズムが開発されています。これにより処理能力が25倍以上速くなる言われています。

ビットコインコア開発チームは数年先の世界中の人々がマイクロペイメント、通常の支払い処理、暗号通貨同士の換金等すべての基軸通貨としてビットコインが対応できるように考えています。ただ単にブロックサイズを大きくしても対応できない領域まで見据えて開発しているのが良くわかります。
数年後にビットコインの価値が1,000万以上になると予想している人たちもいます。

近い予測ですと、未来予測プログラム「ウェブボット」というAIのBTC価格予想は2018年2月に155万円。さらに2018年秋に1BTC=220万。とされています。

 

■ビットコインの1年で10倍というのは凄いのか?

 

確かに2016年11月は1BTCは85,000円でした。それが現在1,200,000円ですから、約14倍です

 

ところが仮想通貨の中では、1年で価格が12倍になるコインはたくさん有ります。

Ethereum・イーサリアムは2016年11月は約1,000でしたが今は約52,000円です。単純に52倍ですね。

 

Rippleだって約34倍ですし、Litecoinも約430円から現在は約10,000円ですから約23倍です

つまり、仮想通貨の世界では1年で10倍以上になる通貨は当たり前のことなんです。

 

■今狙うべき仮想通貨を紹介します。

 

仮想通貨の「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」の事です。

仮想通貨の「クラウドセール」とは「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。

 

今、目の肥えた海外投資家がこぞって投資している案件を紹介します

EtherBankigCoinですICOは12月中ですが、ICO前の投資なら「貸付」という方法で毎日、利息金を得ることが出来ます。

ICO開始後は一気に価格上昇が期待できます。投資は$100から参加できますから低資金で参加可能です。

 

実は海外投資家に人気の理由は、1年で2,000倍になって大成功した「Bitconnect」のシステムに酷似しているからです。

詳細はこちらのサイトをご覧ください「新暗号通貨EtherBanking Coinへの投資は貸付による利益とICO利益で200倍以上になる理由とは?」