FutureNet社はどんな会社?信用していいのか!?

■FutureNet(フューチャーネット)とは?

 

基本的にはfacebook形式のSNSです。

世界中の人間とつながることが出来ます。facebookと大きく違うのは使えば使うほどお金が稼げる仕組みがあるということです。

 

FutureNetはドイツとポーランドで二つの国が組んでスタートしたソーシャルネットプラットフォーム型のビジネスシステムで全てのありとあらゆる流通したサイト内の販売料金がキックバックされます。広告を見たり、会員同士がメッセージでやり取りしたりします。そこにビットコイン対応のMLMビジネスを導入したサービスをまかなっています。

サイト内では以下2つのサービスが利用できます。

 

FutureAdProとFutureNetClubの違い

 

FutureAdProとFutureNet Clubは、これら2つのウェブサイトのいずれかであなたを登録できるため、これに同じデータベース内に一緒に接続されています。

 

1、Future Adpro(FAP)・・・フューチャーアドプロ

詳細は後で説明しますがFAPは広告を見るだけで日利約1%の収益を得ることが出来るプログラムです。

2、FutureNet Club(FNC)・・・フューチャーネットクラブ

こちらのFNCとはFutureNetを使ってくれる会員を集めるとそのグループのネットワークに応じて収益がもらえるシステムです。

 

つまり、Future Adpro(FAP)は他人の力を借りなくても自分ひとりで報酬を得ることの出来るプログラムです。

一方のFutureNet Club(FNC)は「FutureNet利用者」を増やすために、紹介してくれた人数に応じて報酬がもらえるプログラムです。

 

■FutureNetはfacebookと同等のプラットフォームがあります。

 

2004年にはじまったfacebookは2017年7月には20億人を超えたそうです。日本では2016年12月に2700万人超えました。

このFutureNetは世界初の収益共有ソーシャルメディア企業 で、全世界150ヶ国の100万人の会員がいます。

 

そして、ポーランド、ハンドボールチームの公式スポンサー企業がついており、アマゾン、イーベイ、ホテルコンバインなどとパートナー協約もしています。

2016年には、全世界の通信事業者サミットのイベント再開し、2016年末から始った韓国では、1日で100万円収益を達成した方が誕生しているようで、スマホ・PCだけあれば、いつでもどこでもビジネスできるモデルです。

 

つまり、あなたがFacebook、Twitter、mixiそしてInstagramなどソーシャルメディアで何十人・何百人とやり取りしていても「1円の収入にもならない」のですが、このFutureNetはそのやり取りのすべてが収入になる「稼げるSNS」なのです。

 

日本には2017年5月から、ちらほらと・・・そして、6月後半からネットでも少しずつ聞かれ始めた今一番ホットな案件です

 

■FutureNetは信用できる運営元なのか?

 

このビジネスは、2014年9月に開始され、 WHOISの詳細によると、FutureNetドメインは、マーシャル諸島にあるFutureNet Inc.の下で2014年に登録されています。

FutureNetは法律で登録されたポーランドの会社であり、Stephan MorgensternとRoman Ziemianの2人が共同設立し、両者は現在CEOとなっています。

 

Stephanは52歳です。彼はドイツ人ですが、ポーランドに2年間住んでいます。彼は25年以上にわたって起業家でMLMのリーダーです。世界各地に500,000人以上の人材を擁しています。
そして、ネットワークマーケティング業界の最大のリーダーと一緒に仕事をしていますし、ドイツ、オーストリア、ヨーロッパの異なる企業を開設しています。3つの企業では、経営チームに携わっていました。さらにStephanは、ドイツ、オーストリア、ヨーロッパ、ドバイ、トルコ、ソルトレークシティ、ラスベガスの大イベントの講演者でした。

 

Ziemianは1973年にJeleniaGoraで生まれ、3人の子供の父親です。オランダやドイツでMamoth Antiekという会社の物流および通関部門長の責任を委任され、13年間、知識と経験を積み重ねました。彼は同時に知識と専門的な経験を積み重ねており、フルタイムの職歴を持つ1年後にProfiBauという名前で最初の会社をオープンしました。

ドイツ市場で4年間営業していた彼はは、グルメショップ向けの設備を提供する会社を新たにオープンしました。彼は同時に知識と専門的な経験を積み重ねており、フルタイムの職歴を持つ1年後にProfiBauという名前で最初の会社をオープンしました。ドイツ市場で4年間営業していた彼は、グルメショップ向けの設備を提供する会社を新たにオープンしました。

他にも2003年に製紙会社を買ったりフランス、オーストリア、キプロス、ポーランド、スウェーデン、オランダに多くの他のヨーロッパの企業や企業と協力してきました。ここ数年、いくつかの企業で社長と理事を務めた経験もあります。何十人もの人々を雇用することによって、Ziemianは国際的な人々のチームを管理する経験を積んできました。

彼は、会社とそのパートナーの善意のために、献身と献身をもって働きます。彼の今の最大の情熱は、FutureNetです。

 

 

Marcelina Jachyraは管理チームアシスタントです。

 

所有者の過去の歴史、特に過去の他の詐欺サイトとのリンクを見つけようとしましたが、いまのところ、悪い評判は見当たりませんでした。Stephanは、25年以上にわたりMLM分野で働いているそうで、この分野を熟知しており、FutureNetを運営するには完璧な人物と言えるかもしれません。FutureNetは2014年からオンラインですが、この2年間で2016年3月25日までスムーズにビジネスを展開しています。

FutureNet社に関するビジネス参考サイト

FutureNetの概要

1、2014年オープン
2、世界初の収益共有ソーシャルメディア企業
3、全世界150ヶ国で100万人の会員
4、ポーランドのハンドボールチーム公式スポンサー企業
5、アマゾン、イーベイ、ホテルコンバインなどのパートナー協約を締結
6、2016年、全世界の通信事業者サミットのイベントを再開
7、韓国では1日で100万円収益を達成した人も誕生している
8、スマホやPCさえあれば、いつでもどこでも事業が可能

9、仮想通貨FUTUROコインを2017年11月25日にスタート予定。発売前のコインはメンバーだけが貰うことができる。

 

FutureNetの収入源

FutureNetの会社としての収入源はビックデータの販売です。

例えば、FutureNetを使っている35歳男性はこんな広告に興味を持ってクリックしている…といった情報をFutureNetで収集してビックデータを必要としている会社に販売をして得た収益で運営されています。こういう話をすると個人情報が抜かれているのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、FutureNet(フューチャーネット)は、ローマ字の名前、生年月日、性別、メールアドレスだけで登録できるので個人の特定はできません。

もちろん、ビックデータの販売だけでなく、他のSNSと同様にFutureNet内で広告枠の提供や様々なコンテンツサービスも行っているので、そこからの収益で運用されております。

 

Futurenetに参加すると稼げる2つの事業とは?

 

大きく2つの事業から成り立ちます。

2、FutureNet.Club(FNC)・・・フューチャーネットクラブ

こちらのFNCとはFutureNetを使ってくれる会員を集めるとそのグループのネットワークに応じて収益がもらえるシステムです。

1、Future Adpro(FAP)・・・フューチャーアドプロ

FAPは広告を見るだけで日利約1%の収益を得ることが出来るプログラムです。2016年にスタートしています。

このFNCとFADは、ひとつのプラットフォームで両方のウェブサイトが同じデータベースにまとめられています。そのため一つのアカウントで登録することができ、それぞれのリンクをクリックして、両方のウェブサイトにログインすることができます。

 

FNCメンバーは、FNCのダウンラインへの紹介を増やし、組織を広げることで収入も広がります。同様に、FAPメンバーは、収入の可能性を最大限に引き出すためにFNCに入ります。この両者の相互関係で成り立っているビジネスです。

 

FutureAdPro(FAP)の説明ページはこちらです。

 

FutureNet Club(FNC)の説明ページはこちらです。