2014年に始ったFutureNetはついに約200万人のユーザーに成長しました。

スタートして3年で200万人の会員を突破したFutureNet社は成功といえるのか

 

2017年10月17日に「FutureNetイベントの歴史」という内容の動画が公開されました。

↑残念ながら現在は非公開になっています。

それによりますと、2014年9月にスタートしたFutureNetの利用ユーザーは現在約200万人になりました。

2014年に初めて行われたFutureNetイベントの参加者は100人でした。2015年に行われたイベント参加者は250人でした。それが2016年には600人となり、2017年夏のイベントではついに2000人になりました。

そして今回FUTUROコイン発表のイベントではマカオの最高級ホテル「スタジオシティホテル・マカオ」で5000人を集めて行います。

会社を設立してユーザーが200万人という会社が成功していないわけはありません。

 

私はFutureNetを調べて2ヶ月以上経ちますが、その成長力に驚いています。

FutureNetを紹介している海外のサイトでも優秀さを紹介されています。今後の計画を見ても期待十分な会社といえます。

 

そんなFutureNetが暗号通貨を仕掛けてきました。

この、BitcoinとEthereumのブロックチェーン技術の弱点を改良したFUTUROコインは公開前から数多くの企業から注目されています。

この、FUTUROコインの発行予定枚数が1億枚です。たったの「1億枚」なんです。

 

FUTUROコイン発行枚数は1億枚です。予想価格は・・・・

 

代表的な暗号通貨のビットコインは2100万枚です。現在の1BTCの価格は約630,000円です。

イーサリアムは7,200万枚です。現在の価格は約35,000円です。

ライトコインは8,400万枚です。現在の価格は約6,700円です。

リップルは1,000億枚です。現在の価格は約27円です。

ネムは9億枚です。現在の価格は約24円です。

 

 

これらの実績とFutureNet社の成長力・FUTUROコインのブロックチェーン技術の実力を考えると・・・

イーサリアムとライトコインの間くらいの価格を予想します。

 

ズバリ、半年以内に10,000円を突破します。

クリプト通貨の教育を受けたコミュニティの推測としては5年以内に100,000円と予測されています。

 

FUTUROコインを貰う唯一の方法はロイヤルメンバーになることです。

 

ロイヤルメンバーになるには$1,685の投資が必要です。

メンバーには月額会費などはありませんので、生涯に一度だけの支払いです。

 

ロイヤルメンバーだけの特典として「FUTUROコインを50枚もらえる」ことです。

 

$1,685は約190,000円です。つまり、19万円の投資で半年後に50万円になる(かも知れない)暗号通貨をもらえるわけです。

11月25・26日がローンチ(打ち上げ会)ですから、その前までにロイヤルメンバーになっている人だけが50FUTUROコインを貰えます。

 

興味のある方は急いで登録しましょう。

 

■FutureNetに登録するには紹介者が必要です。

興味を持ったのでもっとFutureNetについて知りたいという方は

先ずは※「FutureNet.Clubの詳細」からご覧ください。